loader image
フリーダイヤル かんたん無料見積

蓄電池

エネルギーを自給自足。
節約も、いざという時の安心も。

蓄電池とは

充電して電気を貯めておくことができ、必要な時に電気機器に電気を供給することができる一般住宅で使用可能な二次電池・バッテリーのことです。大容量の蓄電池を導入すれば、停電時でも10時間以上使用することができるタイプの蓄電池もあり、震災などでは、非常用電源として使うこともできます。他にも電気料金が安い夜間に充電、電気料金が高めな日中に蓄電池を使うなどすれば、電気料金の節約もできるというメリットもあります。

長州産業 太陽光発電とスマートP…
2024.02.26
今回は熊本県にお住まいのU様邸に設置した、 長州産業 太陽光発電4.46kwhと、スマートPVマルチ9.8kwhハイブリット全負荷(重塩害仕様)の施工事例をご紹介い…
ダイヤゼブラ電機 EIBS7 ハ…
2024.02.26
今回は佐賀県にお住まいのI様邸に設置された、 ダイヤゼブラ電機 EIBS7 ハイブリッド全負荷蓄電池の施工事例をご紹介いたします。 I様のお宅では以前から太陽…
太陽光発電と蓄電池システムの導入…
2023.11.17
電気代削減と安全性向上の成功事例       鹿児島県にお住まいのH様のご自宅では、電気代の増加に悩まれていま…
一覧を見る

蓄電池の4つのメリット

MERIT1

災害時に電気が使える!

災害時にもっとも困るのは、停電。照明だけでなく、冷蔵庫やパソコンなども稼働できなくなり、それがいつまで続くかわかりません。そんなときも蓄電池があれば、安心です。

MERIT2

ピークカットによる基本電気料金削減

ピークカットとは、日単位または年単位の電力需要のピーク(頂点)を低く抑えることです。電力需要がピークになる休日や夜間などあまり事業所内電力を使わないときに蓄電池に電力を貯め、電力を多く使う時間帯に放電することで、購入電力の最大量(ピーク電力)を削減することできます。

MERIT3

太陽光発電との併用で更にエコロジカル

太陽光発電とセットで蓄電池を導入することで、電気料金をかなり節約することができます。また、セットで購入すれば、蓄電池用のパワコン、太陽光発電用のパワコンがセットになったハイブリッド蓄電池を導入することもでき、初期費用も抑えられます。

MERIT4

FITが終了した家庭で蓄電池で自家消費

2019年以降、FITの売電期間である10年が経つ家庭がでてきます。俗にいう、2000年問題ですが、売電期間の終了後の選択肢として、蓄電池を導入して自家消費するという選択肢があります。蓄電池を導入することで、買電が大幅に少なくなり、電気料金削減に繋がります。

一般住宅も蓄電池で自家消費

定置用蓄電池の普及は、国の施策として推進されています。世界的な脱炭素化の流れから、
再生可能エネルギーは急速に広まっていますが、分散型電源を実現するにも蓄電池の各一般家庭での普及は必須です。
そのため、ZEH(ゼッチ=ゼロエネルギーハウス)への補助金や定置用蓄電池への補助金、
EVカーへの補助金など、国からの支援が充実しています。
今後、蓄電池の価格は低減化していきます。補助金がなくとも、
より購入しやすい価格となり、一家に一台も夢ではなくなるでしょう。